読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

no

ああ、飯田のみんなのことを思うと温かい気持ちになる 会いたい

新しい職場にはまだ馴染めていない

これまでのことを思い出せば当然の時間の流れなのに

違和感とぎこちなさ、さみしさに潰れそうになる

神経が、きれそう

ひととはなすのは昔から得意ではない

心の中が誰にも見せられなくて息がつまる

 

そんな中でもゆうさんは容赦ない

彼は、無条件に優しくない

無条件に甘えさせてはくれない

わたしの弱いところを、許したり、受け止めてはくれない

わたしが泣いてても、抱きしめてくれない

あくまでもわたしのことだ、というように

わたしに処理させる

 言われたことといえば、

 もう諦めてる   くらいかな

わたしにはもう期待していないみたい 

それがどんなに悲しいことか、

どんなにわたしを苦しめるか、わからないんだね

 

彼はわたしの味方ではないのかな