読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がんばろう

ゆうさんは、仕事のほうがわたしより大事らしい

別に、仕事とわたしとどっちが大事なの?!なんて聞いたわけでもないのに、勝手にそう言ってきた
聞かれたら男の人なら黙ってしまうようなことを、なぜ自分からきっぱり言うかね?
しかもわたしが悲しむような回答


しね


でも、今の彼は本当に本当にそうらしい
そして、彼を広島へ送り出したわたしを心から信じてくれてるらしい
待ってくれていると信じているらしい

なんて、聞けばきれいな言葉だけどね

結局、いわゆる  ほったらかし ですから

わたしはほったらかしでもよかったんだよ
ゆうさんのこと信じて、邪魔にならないように、穏やかに待っていてあげることが一番だと思ってたから
自分も自分で忙しかったしね
でも、1月の終わりに同期から、ゆうさんから電話がかかってくるとか、その理由が「ひまだから」とか言ってたっていうのを聞いてしまったもんだから
その途端、わたしの寂しさとか、心細さとか我慢してたのが一気に溢れてしまった

ほったらかしでもよかったんだけど、それは仕事がんばってほしいからであって、
他の女に電話してるとなったら話は別なわけですよ
だってわたしとはほとんど連絡とらないんだよ?
誕生日にもおめでとうLINEだけだったんだよ?
電話なんてなかったんだよ?

わたしは連絡をせずに見守ることが、彼の支えだと思ってやってきたのに、それが伝わっていない気がして、これからどうしたらいいかわからなくなってしまった



そして、気持ちを話してみた

そしたらちゃんと謝ってくれて、わたしとこれまでと変わらず一緒にいたいと言ってくれた

女の子と電話してたのも、誤解だったみたい
仕事の話とか、らしいし、時間が深夜だからわたしを気遣ってわたしには連絡しなかったみたい

そして、あの言葉を言われた

正直、わたしよりは仕事が大事だと







ああああああああああ

悲しい 悲しい 悲しい 悲しい



なんでそんなこと言うかな!!

てか、仕事と人はわたしの価値観ではくらべるものではないから

わたしの中では別次元の話だから

聞いてないんだし言う必要なくない?

ほんとに悲しかった

忘れられない悲しさ

はあああ

悲しい


でも最後まで支えたいからがんばろう

わたしが、うまく応援できなくてごめんねって言ったら

居てくれるだけでいいから、って言ってた

彼は優しいね、やっぱり
信じてないのはわたしのほうだ
大切なんだよ、ゆうさんが

まってるよ、さいごまで

ああ、3月早く来いよ